入職時の基礎研修の様子

介護職員初任者研修は、これまで「ホームヘルパー2級」と呼ばれていた資格の名称を改め、他の資格との連携を強めたもので、2013年4月より導入された資格です。
確かな介護知識と技術を身につけることができる「介護サービスの入門的資格」と言われております。
初任者研修を当施設のサポートで受講できます。

「介護福祉士」「介護支援専門員」資格取得に必要な費用、 または、2017年1月以降、介護福祉士を取得する上で必須となった「実務者研修」も受講できます。
実務者研修の受講申込時に、受講料を会社が一時的に負担し、条件を満たせばその後の受講料支払いを免除します。

入職時の基礎研修
1日目 法人について
提出書類について
接遇・マナー
施設内見学
ユニットケアについて
ケアプランについて
委員会について
介護保険について
入所時利用について
短期入所について
2日目 リネン交換
行事について
認知症の対応
感染について(種類・対応・対策)
高齢者の医療について
3日目 リスクマネージ
メントについて
事故報告書・ヒヤリについて
トランスポジショニング実践
排泄について実践
4日目 各入浴機械の説明
食事介助について実践
入浴介助について
緊急時対応について
5日目 口腔ケアについて
記録について
パソコン操作について
その後は、OJTによる研修1ヶ月~3ヶ月

求人採用のエントリーはこちら

求人採用エントリー
Copyright 2018 「いこい-憩」|神奈川県小田原市の特別養護老人ホーム求人採用サイト